古本買取
古本
Arrow
Arrow
Slider

古本屋で働く人々

アルバイトやパートといった非正規雇用のスタッフは、古本屋の経営においては必要不可欠な存在だといえます。最低賃金とあまりかわらない低い時給にもかかわらず、レジでの接客や古本買取した商品の品出し、売れない本の整理、さらには取次店への注文や、魅力的なポップの作成などほんとうに多くの業務をこなします。ほかにも古本の仕分けなど、まだまだたくさんの仕事があります。

しかし、古本買取はこうしたアルバイトやパートのスタッフではなく、店長やオーナーが自ら行っているところが大半です。なぜなら、古本買取が古本屋経営において核となる業務のため、安易にほかのスタッフに任せられないからです。たまにお店にやってくるのが、書店の本部の社員です。現場でしばらく働いてから管理部門に配属になる人もいますが、現場経験のない人が監督者として来る時はとても面倒です。

また古本屋では、店員以外の業界関係者を目にする機会も多いです。代表的なのは出版者の営業社員です。営業社員は書店を回って自社の新刊や売り出し中の本をPRしたり、棚を見て不足している自社の本を補充したりします。忙しく働く書店員を呼び止めることが出来ず、名刺を置いただけで店を後にすることも珍しくありません。