クリニック 内科
クリニック 内科
クリニック 内科
Arrow
Arrow

ぜんそくと原因

日本では大人の3~5%がぜんそくにかかっていると言われています。ぜんそくは呼吸をする際、気道がアレルギーなどの炎症により敏感になり、狭くなりけいれんの発作を起こす病気です。激しい咳がでたり、ぜーぜー、ひゅーひゅーと言った激しい咳が出る、呼吸が苦しくなると言った症状がぜんそくの発作です。なお、ちょっとした刺激で気管支を取り囲む筋肉が収縮することによって、空気の通り道が狭くなる症状を「気道閉鎖」と言います。たとえば、タバコの煙や料理の際の煙など、ちょっとした煙の刺激にも反応しやすくなります。なお、ぜんそくの原因は、アレルギーやその他の要因があると言われています。

アレルゲンとなるものは、ダニ、ハウスダスト、ペット、花粉、植物などが挙げられます。また、アレルゲン以外のものとしては、運動、たばこ、過労•ストレス、風邪などの感染症、大気汚染、天候•気温の変化、香水の匂いなどです。

そのため、自分でぜんそくのもととなる原因を除去できる場合には、積極的に行うことが有効でしょう。例えば、ペットや人間のフケ、毛、垢や動物のフケなど、ダニが産卵できる場所がある家の中は、アレルゲンのもととなり、ぜんそくのもととなります。また、疲労やストレスの蓄積はぜんそくを誘発するもとになりますので、ぜんそくが出やすい時期には疲労をためないなどの配慮が必要です。

内科の仕事と内容WEBサイトのTOPへ戻る