クリニック 内科
クリニック 内科
クリニック 内科
Arrow
Arrow

ぜんそくの治療法

ぜんそくはのどがイガイガするなどの違和感がある症状から、発作性の激しい咳がでる、呼吸するとゼーゼー、ヒューヒューと喉から音がでる、息苦しいなど症状が悪化して来た場合には、病院を受診する必要があります。症状が軽い場合には、のどの炎症をおさえるドロップなどをなめるのも良いでしょう。病院で薬物療法が行われる場合には、吸入ステロイド薬が第一に選択される薬として挙げられます。長期的に管理する薬としては吸入ステロイドの他に、ロイコトリエン受容体拮抗薬、テオフィリン徐放薬などがあります。ぜんそくの発作は症状の氷山の一角ですので、医師の正しい診察を受けて、適切な治療を行う必要があります。ただし、主に吸入ステロイド薬による治療は、強い抗炎症作用があるため、気道の慢性的な炎症を抑える効果があります。                               なお、ステロイドを吸入するにあたって、ステロイドを避けたい患者が自己判断でステロイドの処方をやめてしまうケースがあります。この場合、気管支のアレルギー炎症がまだ収まっていないのにもかかわらず、途中で治療をやめてしまうことにつながるケースがります。ステロイドを治療に使いたくないという場合でも、医師の判断があるまで自己判断で治療をやめることのないようにしましょう。

内科の仕事と内容WEBサイトのTOPへ戻る