クリニック 内科
クリニック 内科
クリニック 内科
Arrow
Arrow

てんかん発作と検査

転換の発作は大脳皮質の以上電気活動の結果であり、そのため、意識消失または錯乱状態となり、感覚などを引き起こします。発作全体は2~3分続き、患者は数時間眠り後に錯乱状態となります。

てんかん発作はさまざまな要因から発生するが、頭部の外傷によっててんかん発作を起こす危険性は高くなっています。その場合、意識消失、持続性健忘、陥没頭蓋骨骨折、頭蓋内出血などによりてんかん発作が発生します。

また、てんかん発作を引き起こす原因に最近やウイルスなどへの感染があります。高齢者の場合には脳卒中がてんかんの原因になるケースが多くなっています。また、がんや薬物などによっててんかん発作が引き起こされる場合があります。

検査は血清グルコースおよび電解質、薬物の使用の病歴がある場合には、アルコール、メタノール、アンフェタミンなどの薬物スクリーニング、全血球計算、X線検査とその他の検査を行います。

内科の仕事と内容WEBサイトのTOPへ戻る