クリニック 内科
クリニック 内科
クリニック 内科
Arrow
Arrow

低体温と治療法

低体温は様々な理由で引き起こされますが、低体温症で入院した患者に多いのは重症の感染症が見られたケースです。低体温症は甲状腺機能低下、低血糖、下垂体機能低下、飲酒なども低体温症の症状につながりやすいです。                             また、乳幼児や老人の場合、体温調節ができず、環境の変化によって低体温症となりやすくなっています。屋外に患者が長時間いた場合、ルコール依存症、薬物依存、精神疾患がある場合などは、環境要因で低体温になっているケースがあるため患者が低体温症となった環境の詳細を聞く事が大事になって来ます。                            環境要因によって低体温となったと推測される場合には、脱水症状に陥ることを防ぐために、静脈ラインを確保した上で、43℃の補液を行うことにより治療を行います。また、寒冷な場所にいることによって、患者が低体温症に陥っている場合には、毛布などで身体を温めることによって物理的な身体の温度を上げることが有効です。また、敗血症の可能性がある場合には、抗生物質を投与するなどして治療を行います。なお、低体温で呼吸抑制と針先大瞳孔がある場合には、麻薬中毒の恐れがあります。

内科の仕事と内容WEBサイトのTOPへ戻る