クリニック 内科
クリニック 内科
クリニック 内科
Arrow
Arrow

便秘の種類と対処法 

便秘の種類はいくつかありますが、大腸の筋肉のゆるみが原因となる「弛緩性便秘」、「ストレスが原因となる「けいれん性便秘」、肛門、腸、胃などの器官の疾患に由来する便秘である「器質性(きしつせい)」の便秘などがあります。なお、便秘は全身性疾患、胃腸疾患、神経学的状態など、様々な要因から引き起こされます。全身性疾患では、多くの薬物の副作用によっても、引き起こされています。また、甲状腺機能の低下、糖尿病、代謝の変化に伴う便秘などもあります。胃腸性疾患では、良性や悪性の腫瘍が原因で便秘が起こる場合もあります。また、直腸炎や痔核など炎症性疾患で炎症性病変などによって、患者が排便を避けることによって便秘が引き起こされる場合もあります。

急性の閉塞が懸念される場合には、緊急腹部X線検査や大腸内視鏡による検査を行う必要が出て来ます。検査によって、閉塞している場所がわかります。また、部分的な閉塞あるいは腫瘤などはバリウムによって検査する場合もあります。

便秘の解消として、緩下薬と浣腸が挙げられます。速攻作用のある腸管刺激剤なども挙げられます。もし、閉塞性、炎症性がある場合には、抗炎症薬や抗生物質などでの治療が有効です。また、便秘を引き起こす薬を服用している場合には、早期に中止させましょう。

内科の仕事と内容WEBサイトのTOPへ戻る