クリニック 内科
クリニック 内科
クリニック 内科
Arrow
Arrow

花粉症と内科

花粉症は現代人には頭の痛い病気の一つです。しかも、突然発症するので、花粉症でなかった人が突然なるケースから、自分がいつなるかわからない病気と言えます。花粉症と言うと耳鼻咽喉科ですが、内科でも診断および薬の処方は可能です。なお、花粉症はアレルギー性鼻炎ともいわれます。症状としては鼻水、くしゃみ、鼻づまり、発熱、目の充血などです。なお、花粉症は花粉の飛び始める2週間前くらいから症状を抑える薬を使用始める治療が有益です。花粉症などのアレルギーは、症状が出て悪化すると薬が聞かなくなる傾向にあります。そのため、花粉の量が増え、花粉症の症状が出る前から予防として薬を飲むことが望ましいのです。ちなみに、花粉症は花粉を吸い込んだ量が多いほど、発症する確率が上がると言われています。そのため花粉症でない人も、予防することには意味があります。

なお、花粉症の対策には、花粉をなるべく吸い込まない。という対策が挙げられますが、花粉は木綿の衣服にはつきやすいのが特徴です。もし、木綿かウールから悩んでいるのであれば、ダウンジャケットなどのウールの素材にするのが良いでしょう。いずれにしても、花粉症については耳鼻咽喉科だけでなく、内科でも眠くなりにくい薬などの処方がされているケースがありますので、足を運んでみることです。仕事中など、出先やランチタイムに病院に行きたい場合は、新宿など都心部の病院へ行くことも一つの方策です。

内科の仕事と内容WEBサイトのTOPへ戻る