クリニック 内科
クリニック 内科
クリニック 内科
Arrow
Arrow

頭痛とその種類

頭痛には様々な種類がありますが、患者の大半は「緊張型頭痛」、「偏頭痛」と言われています。軽い頭痛の症状から、重い頭痛の症状まで色々ありますが、くも膜下出血のような重大な疾患の唯一の症状もあります。そのため、頭痛を診断する際は、過去の病歴を的確かつ詳細に医師が診断することが最も重要となります。

緊張型頭痛は、強くしめつけられるような痛み、肩こりや首の痛みのように張った感じが続く、鈍い痛みなどがあります。頭痛が数分から数日間痛みが続く場合には、「反復発作性緊張型頭痛」と言われ、数分から数日間持続することがあります。

また、頭痛の痛みが数ヶ月から数年も持続する「慢性緊張型頭痛」については、うつ病や麻薬の乱用などの病歴がある場合には、「慢性緊張型頭痛」になる場合が一般的です。また、女性に多い頭痛の種類として「偏頭痛」が挙げられます。「偏頭痛」は食欲不振や嘔吐などを頻繁に引き起こすこともあります。

頭痛を引き起こす要因として、急性脳卒中の一部として頭痛を患者が訴えるケースもあります。また、副鼻腔炎の症状を持つ患者は、頭痛を訴えるケースがあり、なかでも起床する朝に疼痛が悪化するのが一般的です。このように頭痛には様々な種類がありますが、最も多いのは「偏頭痛」などで、その場合、診療した内科などの医師の判断で鎮痛剤やトリプタン製剤などが処方されます。

内科の仕事と内容WEBサイトのTOPへ戻る