クリニック 内科
クリニック 内科
クリニック 内科
Arrow
Arrow

頭痛の治療計画

頭痛には様々な種類がありますが、治療法も頭痛の種類に応じて変わってきます。「反復発作性緊張型頭痛」、つまり一般的な頭痛の場合、通常、アスピリン、アセトアミノフェンのような一般的な鎮痛薬によって改善されます。なお、鎮痛剤を使用する場合、複数の混合使用を避ける必要があります。なお、「慢性緊張型頭痛」は、治療に抵抗性で管理しにくいのが特徴です。反復発作性緊張型頭痛と同様に、鎮痛薬の依存を避けるために、鎮痛薬を漫然と使用しないことを心がけましょう。

後頭部、後頭下部、もしくは頸部の筋けいれんが存在するときには、頸部のマッサージおよび局所温熱療法をします。また、偏頭痛には「非ステロイド性抗炎症薬」などが治療に使用されます。また、群発頭痛では、フェイスマスクによる10分間の酸素吸入が、群発頭痛に効果があるとされています。また、予防のための治療は早い段階で開始されるべきであり、頭痛がなくなって少なくとも2週間は、毎日薬を飲む必要があります。薬は少しずつ減らして行く事になります。

内科の仕事と内容WEBサイトのTOPへ戻る