手付金と決済の打ち合わせ

手付金の授受

契約書への記名押印が終わったら、いよいよ手付金の授受です。手付金は売買代金のm%前後が多いため、金額としては印万円から数百万円程度でしょう。そしてほとんどの場合、手付金は現金で授受されます。数百万円であれば、100万円単位で銀行の帯封がついている場合が多いです。「銀行の帯がしているから必ず100万円あるはずだ」と思いがち。もちろんほとんど間違いがあることはありませんが、いちおう帯をといて、手付金の額に間違いがないか確認しましょう。

「ふだんこんな大金を数えたことがないし、何か買主きんを疑っているようで・・・」と気にされる売主さんがいますが、受け取った手付金を数えることは決して失礼ではありません。また、数えたことがない、数えるのに時間がかかるという売主さんもいますが、安心してください。買主さんだって、そんな高額なお金を数えている人は少ないのです。

ちなみに私も、決してお札を数えるのは上手ではありません。不動産業界では下手な類に入ります。早く数える必要はありません。まず落ち着いて数えることです。

そして金額に間違いがなければ、買主さんに「ありがとうございます」と手付金の領収証を渡してください。

不動産屋への仲介手数料の支払い

売買契約時に、半金またはいくらかの金額を支払う約束をしていれば支払いましょう。ただし買主さんの目もありますので、支払いのタイミングは臨機応変に不動産屋の指示に従っていただければ結構です。

決済・引渡しの打ち合わせ

契約も終わったところで、決済・引渡しについて簡単に打ち合わせをしておきましょう。売主としては、「いつごろであれば引渡しが可能か」について伝えます。

また、買主からは「住宅ロlン審査の回答のめど」について、しっかり確認しておきましょう。この時点で、買主が金融機関の住宅ロlンの事前審査をクリアしていれば、比較的安心です。しかし「これから銀行にあたります」という場合は、こまめに報告をもらうようにしましょう。なぜならせっかく契約をしても、買主の住宅ロIンの審査が通らなければ無条件で契約は解約になります。そうなれば、当然受領した手付金も返還しなければいけません。そしてまた一から買主を探す作業になります。

中古マンション市場が右肩上がりであるのなら、その心配はありません。しかし今後、売主にとって市場の状況が好転することは非常に難しい。よって1日でも早く売ることが大切なのです。