古本買取
古本
Arrow
Arrow
Slider

プロの古本屋

プロとしての古本屋になるには、経営というものをきちんと勉強しておかなければ、長く商売を続けることはできません。そのためにも、まずは数字に強くなる必要があります。プロの古本屋とは、どのように定義できるのでしょうか。 まず第一に、充分な収入があること。すなわち家族を養える収入があることです。第二に、古書の評価に関して、ほかのまねではない、独自の目利きで値付けができることです。現代社会は情報が行き渡っているので、ちょっとネット検索すればたいていの古本の売り値がわかります。 珍しい古本の価格にも相場があります。 そうしたなかで、主観だけで値付けをするでもなく、客観的なシステムにのっとって自動的に値 を決めるのでもなく、自らの目利きで付けた値段の根拠を説明できるかどうかが、プロだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です